倉敷美観地区の真ん中あたり、中橋のたもとにある旅館が旅館くらしき。

倉敷珈琲館のとなりです。

江戸後期には砂糖問屋として栄えたそうです。

旅館くらしき

客室は全5室。

客室はすべて、ベッドと和室のコンビネーション。

母屋と米倉を改造した客室でレトロな気分を楽しみ、ゆっくりくつろぐのもいいですね。

元は砂糖問屋の旅館くらしき

レストランもあるので、宿泊できなかった方は、そちらで瀬戸の幸を楽しむことも可。

予約は下記のサイトからできますが、なにしろ客室が5室しかないので、早めの予約を!

◎Yahoo!トラベル ▶ 倉敷市街
※見ていくと、旅館くらしきが見つかります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク