倉敷美観地区を流れる倉敷川に、2013年1月26日にホタルの幼虫が約700匹放流されたそうです。

市民グループ「蔵おこし湧々」が放流しました。

同グループは5年前から放流を続けているそうですが、昨年初めてヘイケボタルを約10匹確認したそうです。

放流したホタルの幼虫を育てたのは、酒津のホタルを「楽しむ会」。

放流されたのは、ヘイケボタルとゲンジボタルの幼虫です。

順番に育てば、今年も6月上旬に成虫が見られるとか。

今年もホタルが見られるといいですね。

蔵おこし湧湧さんのブログはこちら

◎ ホタルの幼虫を倉敷川(美観地区内)に放流しました1
◎ ホタルの幼虫を倉敷川(美観地区内)に放流しました2

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク